極楽湯の今後を考える

極楽湯、という企業がある。これは主にスーパー銭湯での収益を軸足とした、レジャー施設運営がメインの上場企業だ。現在の株価は振るわないし、そもそもスーパー銭湯で上場してるというだけでも……と思う人も多いはずだ。自分もそんな一人だった。主な購買層はおそらく、株主優待の銭湯の無料券と配当がメインのはず。

さて、そんな極楽湯に目を付ける理由は何か? 最近の中国では、プールなどの汚染がひどいと言われている。水量を誤魔化し、衛生基準もろくに守らない。そんな中で、日系企業である極楽湯は衛生環境に信頼感があり、ブランド化しているのだ。今はまだわずかな中国市場だが、今後極楽湯は中国にシフトをしていくだろう。日本と比べても、まだまだ中国には日本と同じ規模と言える大都市が山ほどある。投資の醍醐味は未来を買うこと、ならばまさに旬、打って付けの銘柄と言えるだろう。今こそ極楽湯の買い時、狙い目だ。



No Responses to “極楽湯の今後を考える”




By submitting a comment here you grant 投資で1億!ネット収入を教えるブログ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.