今後の100年を考える宇部興産

宇部興産と言えば、かつては石炭やセメントなどで知られた会社だ。山口県に強い地盤を持ち、本社は今も東京ではあるが、山口県との関わりは深い。伝統的な会社ではあるが、だからこそその地盤は強固で、派手さは無い分、昇り龍のような値上がりを期待はできない。だが、ポートフォリオは全てにハイリスク・ハイリターンな銘柄を入れればいいというものではない。時には安定的で、堅実な銘柄も組み込む必要がある。だが、一報で東京電力や東芝、シャープのような問題が起こることもある。見極めは大切だ。

さて、そこで宇部興産だ。宇部興産は先にも書いたように、かつては石炭やセメントで知られる会社だが、今は化学方面に多角化しており、ナイロンの原料供給としては世界でも大手として知られるようになっている。会社自体がただ古くからの伝統をまもるだけではなく、今後の100年に向けて舵を切っている。安定した投資銘柄として、宇部興産は強く推奨したい。



No Responses to “今後の100年を考える宇部興産”




By submitting a comment here you grant 投資で1億!ネット収入を教えるブログ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.