電気自動車時代を生き抜く部品メーカー、ヨロズ

ヨロズという会社名を聞いて、すぐにピンとくる諸氏はかなりの車通の方であろう。自動車部品メーカーとしては、マニアでは無くとも投資をしている人間が思い浮かべるのはデンソー、アイシン精機、ジェイテクト、そして今は上場廃止されたタカタなどが有名なところだ。だが、このヨロズも地味ではあるが、今後の電気自動車の時代には欠かせないメーカーの一つである。
エンジン周りについては、電気自動車の時代には厳しいものがある。その場合は空売り推奨だが、今回のヨロズは買いとしての推し銘柄である。その理由は、このメーカーがサスペンションを作る大手という部分だ。サスペンションとは、別名ではショックアブソーバーとも言われるものだ。自動車のショックを吸収する部品であり、もちろん電気自動車にも必要となっている。
例えガソリン車の時代が終わっても、サスペンションは必要とされる。長期の買いとして、是非おすすめの一つと言えるだろう。



No Responses to “電気自動車時代を生き抜く部品メーカー、ヨロズ”




By submitting a comment here you grant 投資で1億!ネット収入を教えるブログ a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.

CAPTCHA