ジャムコをおすすめする理由

Written on February 26, 2018 at 11:01 pm, by admin

さて、今日紹介したいのはジャムコという銘柄だ。そこそこ年齢の行った御仁なら、ジャスコと間違いそうだが、もちろんスーパーとは縁もゆかりもない会社だ。ここは航空機のお手洗いや厨房設備、そしてシートなどの製造を手がけるメーカーだ。取引先はもちろん、航空機と言えば名前が出るだろう、ボーイングを中心として、各種航空機メーカーとなっている。

さて、そんなジャムコだが、なぜここに注目しているのか? 格安航空、いわゆるLCCの存在だ。最近はこのLCCによる空路が活発化しており、そのせいで航空機の需要は伸びている。LCCは安いので、その分設備などもコストカットされる。そう考えると悪手ではないかと思う諸氏もおられるだろうが、その分は数でカバーするというわけだ。これからますます活発化する航空機業界、LCC業界。そこでジャムコをポートフォリオに入れるのは、投資の中長期的な視点から見ても、十分にありだと思われる。

ヴィンクスの安定性に狙いを定めたホールド

Written on February 25, 2018 at 11:01 pm, by admin

さて、いつも皆さんはどこで買い物をしているだろうか。地方には地元に根付いた中小で、それなりの規模のスーパーもある。有名なところではバロー、平和堂、オークワ、マルナカなどだろうか。だが、スーパーと言えば、やはり現在の日本のトップランナーとして、はずせないのはイオンだろう。イオン株についてはまたそのうち語るとして、今回はヴィンクスという銘柄だ。この会社は、イオンを主な取引先としたシステム開発の会社だ。もちろんイオン以外にも取引はあるが、有力な最大手としてイオンがある。基本的には小売店業界は不安定で客に足下をすくわれるリスクもあるが、システム開発となれば話は別だ。

システムの更新などはもちろん、メンテや保守だけでも、相当な利益を稼ぎ出す。その上、それらはよっぽどの事情が無い限り、他社に奪われることもない。極めて安定した得意先というわけだ。ヴィンクスは中長期で見て、魅力的な投資先と言えるだろう。

大田花きの未来について考える

Written on February 5, 2018 at 2:40 am, by admin

大田花きという会社は、特定の業種の人間以外は知らないことが多いと思う。花の卸売りをする最大手の会社だ。花のマーケットという意味での展望は、家庭では花を飾る人も減っており、大田花きに未来はなさそうに感じてしまうだろう。だが、待って欲しい。基本的に町の花屋で、もっとも商売として利益を生むのは、冠婚葬祭関連での取引だ。そして、ブライダル需要はともかく、葬儀関連は……言い方は悪いかも知れないが、今後の葬儀というものは、ますます増えていく傾向にあるだろう。
高齢化、過疎化、少子化が進むこの状況においては、まさに重要な部分を握っていると言えるだろう。一面的にものをとらえず、多面的に考え、強くホールドを推奨していきたい銘柄と言える。あまり大きな上昇局面は見られないだろうが、今後、じわじわと上げていくことは想像に難くない。持ち株としては、ストロングバイ&ホールドで、中長期の投資銘柄として注目していきたい。

緩やかに下っていく、ピーシーデポコーポレーションを空売り

Written on February 1, 2018 at 2:39 am, by admin

ちょっと前に、様々なグレーゾーンなオプション契約を盛ることで問題になったピーシーデポだが、最近はほとぼりも冷めてきている。そういう意味では、景気のファンダメンタルズを考えても買いに走ってもいいのではと思う向きもあるだろうが、ずばり空売りを推奨したい。理由は至極簡単で、今の若者がパソコンを買わないことと、市場としてパソコンは既に飽和していることだ。今からの買い換え需要を考えるとピーシーデポに明るい未来があるとは思えない。
基本的にはあらゆる仕事において、パソコンは大活躍だ。今後も無くなることはないだろう。だが、NECや富士通などの商品開発力は、今や地の底まで落ちている。ネット回線契約についても飽和しており、今ピーシーデポが突破口となる収益の柱が存在しないのだ。
となると、必然的に今のピーシーデポは緩やかに下っていると言える。現時点で多少財務が良くとも、今後はじり貧、空売りを推奨というわけだ。

人材派遣のパソナ、短期に良し、中長期にも良し

Written on December 27, 2017 at 12:38 am, by admin

派遣切りなどの単語が鳴りを潜めた一方、正社員の不足が叫ばれている。最近は実際、新聞の折り込み広告などを見ていると、求人広告が増えていることに気が付く諸氏も多いことだろう。だが、正社員不足を叫ぶ企業のほとんどが欲しがっているのは、低廉で安い賃金にて働く即戦力、という枕詞が隠れている。一方で、コア人材以外を派遣などで補う企業も増加しており、非正規雇用は増える一方だ。
そこで、パソナの出番となる。人材派遣としては最大手というブランドもあり、日雇いなどの人材ではなく、一定レベルの事務職など、継続的な雇用が見込まれる人材を多く使っている。派遣社員は働いた時間に応じて、企業に収益をもたらすということもあり、今後も需要は拡大傾向にあると言える。現在時点でも年初来高値を更新しているが、もう一段の高値は十分に期待できる。短期から中期でのホールドはもちろん、中長期での投資としてもおすすめの銘柄と言えるだろう。

カカクコム、今後も高収益による安定した収益、新規事業にも期待

Written on December 18, 2017 at 12:37 am, by admin

カカクコムと言えば、インターネットを触る上で一度は見たことがある方も多いはずだ。カカクコムのサービスは、あくまでも契約しているネットの小売店舗のみだが、その価格を一覧として表示、最安値を呈示、その際にリンク先で購入したものからアフィリエイト収入を得るというものだ。シンプルだが、収益率は高く、また、それらとは別にこちらもネットではよく見かける、食べログの運営もカカクコムが行っている。
価格の一覧と食べログ、もちろんだが、他にもネットメディアをいくつか展開している。今後、これらを利用したシナジーを生み出す新規事業についても期待が高まっている。現状でも高収益の体制を維持しており、これらのサイトについて、競合がいくつも生まれたが、今も不動の地位は揺るがぬものとなっている。安定期に入ってきたからこそ、次の一手を打てる。短期的なものよりは、中長期のホールドによる値上がりが期待できる銘柄と言えるだろう。

ヤマシンフィルタ、シンギュラリティ後も生き残る会社

Written on December 3, 2017 at 5:43 am, by admin

株については、おおよそ初心者の人々はよく知っている企業を買うことが多い。だが、東京電力や東芝、シャープや神戸製鋼などで痛い目を見た諸氏も多いことだと思う。自分としても大型の有名銘柄は魅力だと思うが、株の醍醐味はやはり、宝物を探すような感覚だと思う。

さて、そこで今回おすすめしたいのが、ヤマシンフィルタだ。油圧機器のフィルターで世界首位を誇っている。今、建設機械は無人化が進みつつあり、自動運転では自動車よりも進んでいる。今後、シンギュラリティが云々と言われ、シンギュラリティ銘柄としてソフトバンクなどが市場を賑わせているが、将来、絶対に無くならないものを考えるといい。すると、油圧機器はどれほど科学が進んでも、少なくとも後半世紀、いや、それ以上は必要だ。そこで油を濾過するフィルターは、必ず求められる。マーケットへは常に逆算で考える。そうすれば、ヤマシンフィルタのような銘柄が、自ずと見えてくる。

ジェイリース、移民政策次第で大化けの可能性

Written on December 1, 2017 at 5:42 am, by admin

ジェイリース、この名前を知っている人の方が少ないだろうことは想像がつく。九州は大分に本社がある、家賃保証を主にする会社だ。もちろん、家賃の保証はノウハウさえあればそれなりに手堅いが、大きな成長は見込めない。だが、最近の移民政策についての議論の高まりを見れば、この会社に可能性があることがわかる。例えばだが、それが韓国でも中国でもインドネシアやタイでもいい、等しく全て外国人となる。そして、たいていの大家や管理会社などは、外国人を賃貸住宅には入れたがらない。入れる場合は、保証人か保証会社を必要とする、もちろんこれは日本人でも当然だ。だが、日本人であればともかく、外国人を相手となれば話は別だ。政府が移民の賃貸住宅を作り、担保するというのもありだが、公共事業の費用は莫大なものとなり、民間の賃貸を活用することとなるだろう。そんな時に、家賃保証会社の需要は大きい。まさに今、注目すべき銘柄と言えるだろう。

大黒屋ホールディングス。空売りで利を掴む

Written on November 5, 2017 at 10:44 pm, by admin

大黒屋というブランド買い取りショップを、町で見かけたことがある人は多いのではないだろうか。一時期、ブランドのリユースは活況を極め、大黒屋ホールディングスはリーディングカンパニーとして輝かしくその名をはせた。だが、時は流れ、ヤフーオークションと競合し、最終的にメルカリが台頭した。

中古ブランドマーケットのうまみは、大黒屋からメルカリに、一気にシフトチェンジをしていった。そのことについては、経済ニュースや実際のメルカリの利用者ならば既にひしひしと感じておられることだろう。
倒産、というにはまだ掛かる可能性はあり、延命する可能性はある。だが、中期程度で考えても、大黒屋のシェアがさらに奪われることになるのは、火を見るよりも明らかだ。もちろん大黒屋にも強みはある。ニセモノを売らないという保証がある。だが、メルカリの個人間マーケットは、それを呑み込んで拡大している。時流を見て、ここは売りを推奨する。

今だからプレナス。その理由

Written on November 1, 2017 at 10:43 pm, by admin

プレナスという会社をこのブログの読者諸氏は知っているだろうか。プレナスという名前だけではピンと来ないかも知れないが、Hotto Mottoという名前を聞けば、ああ、あの温かいお弁当の店だと気付くことだろう。

元々はハークスレイの展開する、ほっかほっか亭のFCを展開する会社だったが、いつの間にか本体よりも他店舗を展開することとなっていた。
店舗数も多く、株主優待も魅力ということもあり、優待投資のブームに乗って業績を伸ばしている。一方で厳しいと言われる外食産業であるが、中食がブームと言われる昨今、自分もそうだが、これを読んでいる諸氏も、コンビニやスーパーの総菜に世話になることは多いのではないだろうか。

中食ブームは少子高齢化の社会に於いては、追い風となる。これからますます業容の拡大が見込めることだろう。割と高値圏にあるようにも見える株価だが、一段、二段上を目指し、ホールドを推奨したい。